​ダイレクトボンディング

Direct Bonding Restoration

ダイレクトボンディング

虫歯の治療では、虫歯を取り除いた後、そのままでは歯には穴が開いたままとなりますので、詰め物を入れることで、噛める状態、清掃しやすい状態に歯を修復します。
詰め物の種類としては、プラスチックを用いたもの、金属を用いたもの、セラミックを用いたものがあります。
プラスチック(コンポジットレジン)を使用した治療法を、CR修復(コンポジットレジン修復)といいます。
ダイレクトボンディングはCR修復同様、コンポジットレジンを使用した治療法ですが、CR修復の中でも、自費治療で行われるCR修復をダイレクトボンディングと呼ぶことが多いように思います。
治療する歯によって虫歯の大きさは様々ですが、保険治療で行われるCR修復よりも適応範囲が広く、また、虫歯治療だけでなく見た目の改善にも行われます。
 
ダイレクトボンディングは、当院で行っている"マイクロスコープを用いた精密治療"とも相性が良く、"最小限の歯の切削"​と、詰め物にとって最も重要ともいえる、"良好な適合"を得ることで、歯の寿命を伸ばしてくれる治療法と考えます。

​金属の詰め物からダイレクトボンディングへ

"口の中から金属を無くしたい"という希望があり、古い金属の詰め物を外してダイレクトボンディングを行いました。
元々入っていた金属の詰め物の形を見てみると、本来の歯の構造とは異なり、かなりのっぺりとした、凹凸のない形をしていました。
​ダイレクトボンディングを行う際は、噛み合わせを邪魔しない範囲で、本来の歯の構造を再現するように形を作ります。

​すきっ歯に対するダイレクトボンディング

長年悩んでいた"すきっ歯"に対して、ダイレクトボンディングを行いました。
一部虫歯になっていたので、虫歯の部分は削りましたが、健康な部分はほとんど削らずに改善することが出来ました。
​隙間の広さや歯の生え方、形態によっては適応とならない場合がありますが、可能であれば第一選択となる治療法です。

​【ダイレクトボンディングのメリット、デメリット】

​メリット

基本的には即日で審美的改善が得られる。
 
接着強度が高い。(型取りして詰める場合と比べて)
 
健康な歯を削る量が少ない。
 
限度はあるが、欠けたりした場合に同じ材料で修理が可能な唯一の治療法である。
 
一般的な保険治療で行われるCR修復よりも、良好な適合が得られ、自然感が高く、変色も起きにくい。
 
​一般的な保険治療で行われるCR修復よりも、適応範囲が広い。
(大きめの虫歯治療、すきっ歯の改善、歯の色や形態の改善など)
​仕上がりに満足できない場合には、他の治療法に移行が可能。
(ダイレクトボンディング→セラミッック○)
(セラミック→ダイレクトボンディング×)
​・
​・
​・
​・
​・
​・
​・

​デメリット

​高いクオリティーを得るには技術を要する。
 
一回あたりの治療時間が長くなる。
 
​大きすぎる虫歯には、強度や歯の構造上、適応の対象外となる場合がある。
歯の形態の改善や色調の改善には限界がある。
 
かみ合わせの状態によっては部分的に欠けることがある。
食いしばりや歯ぎしりが強い場合は特に、摩耗が生じることがある。
就寝時にナイトガードの装着をおすすめ致します。
​・
​・
​・
​・
​・
​・

092-472-4343

Tel
©2008
uemura
dental clinic.