​セラミック修復

Ceramic Restoration

セラミック修復

"銀歯が目立ってしまうため、歯を白くしたい"という方は多いのではないでしょうか。特に、セラミックの歯は色やツヤが天然歯に近いため、前歯のような審美性が求められる治療に適しています。

しかし、セラミックのメリットは見た目だけではありません。セラミックには他の材料にはない、さまざまメリットがあることから、最近はセラミックを選ぶ人が増えています。​

【保険治療で用いられる主な材料の特徴】

 ①金属を用いた被せ物では、金銀パラジウム合金が主に使われています。

 

 ・メリットは、強度が高い。

 ・デメリットとしては、金属アレルギーを引き起こす可能性がある。

 

銅やパラジウムなど、一部の金属にアレルギー反応を起こす人は、金銀パラジウム合金で作られた銀歯を入れた場合、アレルギー症状が起きる可能性があります。

 ②プラスチックを用いた被せ物では、最近はCAD/CAM冠(レジン)が主に使われています。

 *CAD/CAM冠の使用条件を満たしている場合に限る

 

 ・メリットは、金属より自然感がある。

 ・デメリットは、金属より強度が低い。

【歯科用セラミックの特徴】

 セラミックは経年劣化が起こりにくく、ほとんど変色が見られないのが特徴です。

 プラーク(細菌)の付着が少ないため、虫歯、歯周病、口臭の予防効果も期待できます。

 また、体への影響がほとんどなく(生体親和性が高い)、アレルギーの報告もないため、最も安心・安全な材料と言えるでしょう。​​

​メリット

天然歯のような見た目を再現できる
強度が高い
​プラーク(細菌)の付着が少ないため、虫歯や歯周病のリスクを減らせる
​体に害がなく、安全性の高い材料である
​​
​・
​・
​・
​・

​デメリット

​保険外治療となる
​かみ合わせの状態によっては欠けることがある
​・
​・
DSC_3722_edited_edited.jpg

・セラミックを用いた治療方法

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表層を薄く削り、付け爪のようにセラミックを接着する治療です。
最大の特徴は、歯の色を綺麗にしたい、歯の形を改善したい、という場合に歯を削る量を抑えて行えることです。

主に前歯の審美治療に効果を発揮し、"すきっ歯"の改善など、歯の形を部分的に整えるのにも最適です。

 

 

【メリット】

歯を削る量が少なく済む

天然歯のような色、透明感を再現でき、見た目が美しい

経年劣化がほとんどない

歯肉の変色がない

 

【デメリット】

かみ合わせの状態によっては、欠けたり外れる可能性がある

元々の歯の色の影響を受ける(ホワイトニングの併用を考慮する場合がある)

保険対象外

 

②オールセラミックフルクラウン(全部被覆冠)

オールセラミックフルクラウンは、歯を360°全体を根元まで削り、セラミックのみで作られた冠を被せる治療です

主に歯の残存量が少ない場合に用いられます
他の材料と違い、透明感が高く審美性に非常に優れています

 

 

【メリット】

対応できる範囲が広い

天然歯のような色、透明感を再現でき、見た目が美しい

経年劣化がほとんどない

歯肉の変色がない

​強度が高い

 

【デメリット】

歯を削る量が多くなる

一部欠ける場合がある

保険対象外​

 

 

③オールセラミックパーシャルクラウン(部分被覆冠)

虫歯が大きい場合や、歯に亀裂が入っている場合など、ダイレクトボンディングの適応範囲外の場合に推奨される治療。

残存歯質の量によってバリエーションがさまざまであり(アンレー、オーバーレイなど)、フルクラウンより歯を削る量が少ない。

一方、フルクラウンより削り方が複雑であるため、高い精度を得るには、歯科医師・歯科技工士双方の技術力がより求められる。

【メリット】

歯を削る量がフルクラウンよりかなり少ない

天然歯のような色、透明感を再現でき、見た目が美しい

経年劣化がほとんどない

歯肉の変色がない

​強度が高い

【デメリット】

高い精度を得るには技術を要する

​一部欠けたり、外れる可能性がある

保険対象外​

DSC_3738_edited.jpg
DSC_3742_edited.jpg
DSC_3752_edited.jpg